命日・月命日のマナー

命日に贈るお供え・お悔やみのお花の贈り方

投稿日:2020年10月7日 更新日:

亡くなった人を思う気持ちが大切

祥月命日や月命日は大切な人を亡くした人にとって、特別な意味を持つ日です。

この日が来ることで亡くなった人を想い、弔いの気持ちを新たにするのが祥月命日や月命日だからです。

家族はもちろんですが、生前に親しくしていた人から命日に贈り物が届けば、さぞかし喜んでもらえるかと思われます。

なぜなら自分にとって大切な人のことを、同じように大切に思っていてくれる人がいたという証になるからです。

そんな命日に贈る品としてふさわしいものには何がいいか、悩む人も多いことでしょう。

しかしどんな贈り物であったとしても、亡くなった人や残された人たちの気持ちを想うことが何よりも大切です。

お供え・お悔やみのお花はお参りする時期に合ったものを選ぶ

命日にあたる日や命日に近い日には、できれば自宅に伺いお仏壇にお線香をあげて静かに手を合わせるなどして、弔いの気持ちを表すことが大切です。

命日を忘れずにわざわざ訪れてくれたことに対して、感謝を覚えない人はいないはずです。

どうしても訪れることができない場合には、贈り物を届けることで、「遠方から亡くなった方の弔いをさせていただいています」という気持ちを伝えることができます。

直接お参りするときも品物を贈る場合もその時期に合った品を選ぶことが肝心です。

果物には必ず旬の季節にしか味わえないものがありますし、お菓子も季節を彩ったものがたくさんありますので、そういったものを選ぶのも良いでしょう。

命日に贈るお供えは食べきれない場合のことを考える

最近は高齢者夫婦だけの世帯も増えており、一人暮らしでは食べ物を貰っても食べきれないということが考えられます。

そのようなときには、お花を贈ることをおすすめ致します。

お花は生花を選び、亡くなった人が好きだったお花をお供えすることができれば、なおのことその人を思ってお花を選んだことが伝わります。

贈る日が祥月命日にあたるときは少し大きめの生花を、月命日にあたるときは籠や陶器に活けられたお花を選ぶといいでしょう。

また、お線香と生花がセットになっているものを選ぶことをおすすめ致します。

命日の日を迎えるにあたって、お花が果たす役割は大変大きなものがあります。

贈る側にとってはいつか枯れてしまうお花より、品物の方が喜んでもらえそうな気がするものですが、お花がないと大変寂しい気持ちになってしまうのです。

生花を携えてお参りすれば、さぞかし喜んでもらえるでしょう。

Gifleでは、メッセージカードと生花がセットになったものをご用意しております。

お供え花と「お悔やみのお言葉」を一緒にお届けしてはいかがでしょうか。

-命日・月命日のマナー

執筆者:

関連記事

命日や月命日にお供え物を贈りたい時や持参したい時のマナー

【命日】や【月命日】にお参りをするときはお供えを持参されると思いますが、特になにをお供えするかなど 決まりはありませんが、日持ちのするお供えものや、菓子や果物が一般的ですが、故人様の好きだったものを持 …

命日と月命日の違いと法要を行うスケジュールや意義

【命日】と大きく括って話しをする場合が多く、【命日】と聞いて、想像するのは故人様が亡くなられた月なのか、日なのかと混乱してしまう方も少なくないように思います。 わかっているようで、曖昧にしている【命日 …

大切なご家族の命日はどのように過ごすべきか

月命日や祥月命日の過ごし方 仏教の世界では、ある方が亡くなったのと同じ日を命日、亡くなったのと同じ月日を祥月命日と呼んでいます。 たとえば3月15日に亡くなった場合、命日は15日で、毎月15日を月命日 …

回忌法要の際に贈り物をするなら、なにがおすすめ?

回忌法要を覚えていてくれると嬉しいもの 亡くなったときの弔問にはじまり、通夜や告別式、新盆、初彼岸と、家族が亡くなると故人と親しくしていた方の訪問を受けるなど、遺族にとっては気ぜわしい日々を送ります。 …

カテゴリー

最近の投稿