喪中見舞い

【ご進物に】プリザーブドフラワーや和菓子のギフトセットがおすすめの理由

投稿日:2022年11月5日 更新日:

喪中のはがきが届いたら

昨今、家族葬が増えて亡くなられたことを喪中のはがきで知るということが多くなりました。

すでに亡くなられてかなり経っていることがはがきの日付から分かったのであれば、お供えの品物を贈るのもなんだか間が抜けた感じになってしまいます。

とはいえ、何かお悔やみの気持ちを伝え、お仏壇にお供えしてもらいたいときは、月命日に合わせて送るのが良いでしょう。

月命日に「どうぞお供えください」と一言メッセージを添えておけば、遺族もありがたく受け取ってもらえるはずです。

進物の品は何が良いのか

喪中はがきによって亡くなられたことを知って品物を送る場合、お線香

プリザーブドフラワー、食べてなくなるお菓子がおすすめです。

生前に交友があり、故人が好きだったお菓子を知っているなら、その中から和菓子を選ぶのも良いでしょう。

洋菓子はダメというわけではありませんが、和菓子のほうが落ち着いた雰囲気がありますし、高齢の方がお亡くなりになった場合、残されたのは同じく高齢の配偶者の方というケースが多いことも考えると、洋菓子よりも和菓子のほうが食べていただきやすいということもあります。

故人が好きだった和菓子を知らないときは、月命日に合った内容の和菓子を選ぶのも心がこもっていると感じてもらえるはずです。

喪中はがきは11月末ごろから届き始めるため、送る月命日は12月になると考えられますが、12月は季節に合った内容の和菓子を選ぶというのは難しく、1月になるとおめでたい包装のものがほとんどのため、定番の和菓子を選ぶのがいいでしょう。

喪中はがき以外で知ったときには、知った時期の季節に合った和菓子のギフトセットにすることで、考えて送ってくれたと感じてもらえるのではないでしょうか。

和菓子が持つ力

お菓子というのは、人を元気づける力を持っています。

長年連れ添ってきた配偶者を失った人、かけがえのない両親や家族を失った人にとっては、家の中が寂しくなったのは間違いないでしょう。

そんな喪に服している方たちを、和菓子は穏やかに元気づけることに一役買ってくれるのではと思われます。

お菓子と同じく、お花も人を元気づける力を持っています。しかし、生花を贈るのは難しいですので、プリザーブドフラワーやアートフラワーを贈られるのもおすすめです。

Gifleでは、お仏壇に飾ることのできる小さなサイズのプリザーブドフラワー等も取り揃えておりますので、贈り物として選ばれてみてはいかがでしょうか。

-喪中見舞い

執筆者:

関連記事

喪中見舞いにおすすめ!定番のお線香セット

喪中ハガキで亡くなったことを知る 近しい関係の方や頻繁に連絡を取り合っている方が亡くなった際にはお葬式の連絡が入るでしょう。一方、知り合いであっても最近は年に一度の年賀状のやり取りしかしていない場合や …

喪中ハガキに椿がデザインされたものが多いのはどうして?

死を連想させる花 喪中ハガキは挨拶文だけがシンプルに印刷されたものもありますが、椿の花が描かれた喪中ハガキを見かけるケースも多いのではないでしょうか。 お葬式といえば菊やユリを連想される方や、仏様とい …

喪中と喜ばしい報告が重なった時、報告はがきはどうすれば良い?

素朴な疑問 出産や結婚などおめでたいことの報告をしようと準備していたところ、身内に不幸があった場合はどうしたら良いのでしょうか。 喪中でも出産や結婚の報告の手紙を出しても構わないのか、それとも控えた方 …

忌中と喪中の範囲・期間の違いとは?似て非なる忌中と喪中をしっかり理解しよう

何となく分かったつもりになっていないか注意が必要 忌中と喪中、どちらも不幸があった際によく耳にする言葉ですが、正確な違いを理解している人は少ないのではないでしょうか。 何となく分かったつもりになって使 …

いつまでもキレイなプリザーブドフラワーの仏花を喪中見舞いに送るのは失礼?

喪中はがきが届き、喪中見舞いを送られたことはございますか。その際に、なにを送ればよいのか分からない方もいらっしゃることと思います。 今回は、喪中見舞いの基本と、喪中見舞いの贈り物としておすすめのプリザ …

カテゴリー

最近の投稿