御供・贈り物

喪中見舞いのお線香は、花の香りのするお線香を贈り気持ちを伝えよう

投稿日:

葬儀に参列しない場合には

近年、亡くなった方の葬儀を家族や親族のみで行う家族葬がとても多くなっております。

故人の意向である場合も多く、訃報を受け取っても葬儀に参列することがない場合も多いでしょう。

また、訃報自体、かなり日数が経ってから届くこともございます。家族葬では香典を辞退する案内が添えてあるのが一般的ですので、訃報を受け取った側が特に何かをしなければいけないということはありません。

どうしても連絡をしたい場合は、ご家族が落ち着かれているようなら電話をしたり、お宅に伺ったりしても良いでしょう。

ただ、ご家族はゆっくり故人を偲ぶ期間が欲しいと思われていることも少なくありません。しかし、親しくさせていただいた方がこの世を去られたことに対して、悼む気持ちや感謝の気持ちをなんらかの形で伝えたいと感じるのは自然なことです。

気持ちを伝えたい場合には、ご家族のご負担にはならないものをそっと贈るのが一番スマートな方法でしょう。

気持ちを伝える贈り物

ご家族の負担にならず、亡くなった方を偲ぶ気持ちを伝えるのに適しているのは、お線香やろうそくなどを贈ることでしょう。

良いものを選んで、心を込めて書いた手紙と一緒に贈るのは、心遣いも素晴らしくもっともお勧めできる方法です。

手紙にお返しはいらないことを記しておけば、ご家族も何も気を遣うことはないでしょう。

例えば、花の香りのするお線香や、仏花を象った美しいろうそくなどを贈れば、ご家族の気持ちも和らぎ、亡くなった方への感謝も伝わるでしょう。

Gifleでは、白梅や桜、向日葵、ラベンダーなど様々なやさしい香りが広がるお線香もございます。

香りには人の心を癒す力がありますから、是非心を込めて選びましょう。

大切なのは気持ちを伝えること

お線香やろうそくは、毎日使うものですし、使えばなくなるものです。

受け取る側が気を遣わずに済みますし、いつまでもご自宅に残ってご家族に負担がかかるものでもありません。

大切なのは、亡くなった方を慕う人がいること、感謝の気持ちを持っていることが伝わることです。

 

このようなお悔やみの気持ちを上手に伝える方法として、近年増えているのが喪中見舞いです。

はがきを出す人が多いですが、そのはがきにやさしい香りを添えて贈るのは、とても素敵な選択ではないでしょうか。

お供えの花やお線香は、その場の空気を明るく、やわらかくしてくれます。

ご家族の気持ちも和らぐでしょうし、きっと亡くなった方にも伝わるでしょう。

喪中見舞いを贈られる際には、Gifleの花の香りのするお線香や、仏花を象った美しいろうそくなどを選ばれてはいかがでしょうか。

-御供・贈り物

執筆者:

関連記事

【ペットを亡くした飼い主に】お供え・お悔やみ花のマナー

お供え・お悔やみ花のマナーは基本、人と同じという考えで ペットは今や家族の一員です。 最近は、ペットというよりも、家族や友達のように扱うコンパニオンアニマルという概念も定着してきました。 そんな大切な …

アートフラワーを故人に供えるメリット

アートフラワーって何? アートフラワーとは、造花を使った花のことです。 花束にして生花と同様に花瓶に活けられるようにしたり、器に入れた状態でアレンジメントとして飾れるようにしつらえてあります。 発色が …

長持ちする仏花の生け方とおすすめのプリザーブドフラワー

お供えのお花を長持ちさせるには 年間を通じてお仏壇のお花を切らしたくないという方は少なくありません。 枯れるタイミングでお花を買いに行ったり、庭に咲いている花を切り花にしたりと手間やコストもかかるもの …

仏花に造花を贈っても良いの?造花を選ぶ良さと注意点

仏花に造花を選ぶメリット 大切な人が亡くなると、心にぽっかり穴が空いて寂しさが募るものです。 法要や初盆、命日などの際には、できることならお仏壇の前で手を合わせたいですが、遠方などの場合は足を運べない …

【何を送る?】ペットを亡くした友人への贈り物

突然のペットの死に悲しむ友人を励ましたい ペットは家族の一員と考えている人は少なくありません。 お一人暮らしでペットが相棒という方はもちろん、家族で暮らしている方でもペットは大切なパートナーとなってい …

カテゴリー

最近の投稿