喪中見舞い 喪中見舞いのマナー

喪中はがきに返事は必要?いつまでに?マナーは?詳しくご紹介

投稿日:2017年11月3日 更新日:

喪中はがきが届いた際、“手紙”という形で弔いの気持ちを伝える風習があります。それが近年より「遺族を慰めたい」という気持ちのもと、贈答品とともに返事をする(手紙を送る)風習が広まりつつあります。その返事をするべきかどうかは、亡くなったことを知っているかどうかで決まります。

亡くなったことを知らなかった場合

お世話になった方・親しかった方の訃報を喪中はがきで初めて知った場合、お悔やみ気持ちを記したお手紙と合わせて喪中見舞いを贈りましょう。また“喪中はがき”という形ではなく、例えば人づてに逝去を知った場合でも喪中見舞いを贈るのが良いとされています。

亡くなったことを知っていた場合

喪中はがきを受け取った際、既にご家族に亡くなった方がいるのを知っており、葬儀への参列や弔問などの挨拶を済まされている場合は、特に返事は不要です。その代わりとして、お正月が明け、松の内が過ぎたら寒中見舞いとして、昨年ご家族を亡くされたことへの労わりの気持ちと、新しい年にはご家族にとって良いことが起こるよう、ご家族の健康と幸せを祈るメッセージを送りましょう。

その際も、「遅ればせながら明けましておめでとうございます」といった新年を慶ぶご挨拶は書かないように注意しましょう。

※松の内…正月飾りを飾っておく期間のことで、一般的には元日から1月7日までのこと。年賀状は松の内の期間内に、寒中見舞いは松の内が過ぎてから送るのが一般的です。

いつごろ出せばいいの?

松の内の期間は地域によって差がありますが、一般的には1月7日までですので、それ以降、立春を迎えるまでの間で早めに出すようにしましょう。喪中はがきを受け取ってはじめて、ご家族が亡くなったことを知った場合には、次期にもよりますが、関係性に応じてお葉書や場合によってはお電話でお悔やみを伝えます。

亡くなられた方と面識もなく、そのご家族と関係がある程度で、特段、香典などをあげるような関係でもなければ、寒中見舞いでも良いですが、亡くなられた方にお世話になっていたときは早めにお悔やみのお手紙やお電話はすべきです。

まとめ

もし、亡くなったことを知っていれば弔問に訪れたり、香典などを渡したりといった関係にある場合には年末のご挨拶をかねてお線香をあげにお伺いしたり、香典をお送りする、お手紙を添えて線香などをお送りすると良いでしょう。

一方、年末も迫っており、既に先方に年賀状を出してしまったという場合には、関係性にもよりますが、知らずに年賀状を出した失礼を詫び、弔意の気持ちを伝えるお手紙などを出すのがおすすめです。

故人と関係があった場合には、故人との思い出や故人にお世話になったことへの感謝の気持ちを述べたメッセージと、残されたご家族のお気持ちを慮るメッセージを伝えましょう。故人とは直接関係がなく、そのご家族と親しい場合には、ご遺族のお気持ちをいたわる気持ちを伝えましょう。

-喪中見舞い, 喪中見舞いのマナー
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ビジネスで季節の節目に送りたい寒中見舞いの心得

ビジネスでのハガキや手紙の活用 ビジネスの現場では電話やメールが主要ツールとして利用されていますが、年賀状や暑中見舞い、転勤や異動の挨拶などの節目にはハガキや手紙などを出すのが礼儀でありマナーというこ …

no image

【喪中見舞い】故人との間柄に合わせた書き方・例文集

思いやりの気持ちで送るもの 喪中を知らせるハガキが届いた、または電話で喪中であることを知らされた際の返答として、近年広まりつつあるのが、“喪中見舞い”としてハガキや手紙を出す習慣です。 喪に服している …

no image

喪主の悩みどころ「喪中見舞いのお返し」はすべき?

喪中見舞いに対するお返し 身内が亡くなった年には、12月に入ったら喪中はがきを送ることになります。 その喪中はがきを受け取り、「知らなかった」ということで喪中見舞いと共に、品物を送ってくださる方も中に …

喪中見舞いの金額の相場は?相手の負担にならない贈り物を

昨今は身内だけで葬儀を済ませ、ご近所には一切知らせないという遺族も多くなっています。そのため、喪中であることを知らないというケースも増えてきました。年に一度、年賀状のやり取りで互いの近況を確かめ合う関 …

カテゴリー

最近のコメント