寒中見舞い

寒中見舞いや暑中見舞いは送るタイミングに気を付けよう

投稿日:

寒中見舞いと送るタイミングの関係

新年の挨拶として年賀状を送りますが、年賀状を送りそびれてしまったり、返信が遅れてしまったり、喪中で年賀状を遠慮した際に利用されるのが寒中見舞いです。

寒中見舞いは送る時期が決められており、松の内が明ける1月7日頃から立春の2月4日までの間に送るのがマナーです。

1月6日までに到着するなら年賀状でいいですし、節分が終わったらいくら寒くても寒中見舞いの言葉は失礼にあたりますので気を付けましょう。

ちなみに寒中見舞いを過ぎても、まだ寒い時期にお相手を気遣ってメッセージを送りたいなら余寒見舞いを出すようにしましょう。

寒中見舞いに添えて喪中の方にお気持ちを伝えよう

喪中で年賀状を見送り、寒中見舞いを送る際に、ご不幸のあった際にお香典などを渡しそびれてしまったという際には、寒中見舞いとしてギフトを贈る方法もあります。

冬はお花が少ない時期なので、日持ちもするプリザーブドフラワーや、香りの良い高級なお線香などを贈ってみてはいかがでしょうか。

暑中見舞いと送るタイミングの関係

暑中見舞いは梅雨明けの7月中旬または土用の丑の日あたりで暑くなってくる時期から、立秋までに送るとされています。

立秋の時期は毎年の暦で異なりますが、例年、8月の6日から7日頃です。

この時期を過ぎたら、いくら暑くても暑中見舞いではなく、残暑見舞いとなるので気を付けましょう。

年賀状の時期にはお年玉くじ付きハガキを利用される方も多いと思いますが、暑い時期にもくじ付きの夏のおたより郵便ハガキが郵便局から販売されています。

例年6月1日頃から販売が開始され、8月の下旬頃まで数量限定で販売されています。

無地のハガキや夏らしい絵柄がついたものがあり、挨拶文が印字された市販品もあります。

挨拶文言が印字されていなければ、暑中見舞い、残暑見舞いともに使えますので気軽に利用ができます。

お盆の時期に合わせて挨拶に代えたギフトを

直近でご家族を亡くされているご家庭である場合や、新盆を迎えるご家庭なら、暑中見舞いや残暑見舞いに合わせてお盆のご挨拶をされるのもおすすめです。

東京では1月早く7月の13日から16日頃、地方では8月の13日から16日頃の旧盆にご先祖様の弔いを行います。

新盆には直接ご自宅を訪問して新盆見舞いをお持ちして仏前に手を合わせるのが風習ですが、出向くのが難しい場合にはお花やお線香、蓮の花を模った美しいロウソクなどを贈るのも良いでしょう。

相手にも気持ちが伝わります。

-寒中見舞い

執筆者:

関連記事

寒中見舞いを送る時期や送り方

寒中見舞いっていつ送るの? 寒中見舞いはお正月の松の内が明けた1月8日頃から、春の訪れを告げる立春の2月4日頃までの間に送る挨拶状です。 松の内がいつ明けるかは地域によって異なりますが、新しい年が始ま …

寒中見舞いに関する「いろは」~送る時期や本来の目的~

そもそも寒中見舞いとは? 寒中見舞いは寒さが厳しい「寒中」の挨拶状です。寒く体調を崩しやすい季節、相手の健康を気遣うとともにこちらの近況を伝えます。 様々なシチュエーションで送ることができる 寒中見舞 …

【寒中見舞い】状況に合わせた書き方・例文集

寒い時期に出すご挨拶 夏に出す暑中見舞いは「暑い夏をどのようにお過ごしですか?」と尋ねる書状ですが、それに対して寒中見舞いは“冬の挨拶状”以外にも意味をもっています。それゆえに文面が少々難しくなります …

四季を感じる季節の挨拶状で大切な方との交流を

新年の挨拶を年賀状から 日本は四季があるため、季節の変化に合わせて季節を楽しむ挨拶や、暑さや寒さ、季節の移り変わりによる天候や気温の変化に応じて体調を気遣う挨拶状を送る風習があります。 年間を通じて様 …

寒中見舞いの概要と送って喜ばれるもの

寒中見舞いとは 寒中見舞いは厳寒の時期に友人や親族、知り合いの方やそのご家族を気遣い、健やかに過ごされることを祈る場合や、暖かくなる春を心待ちにするといった願いを込めて出す挨拶状です。 寒中見舞いを送 …

カテゴリー

最近のコメント