喪中見舞い 喪中見舞いのマナー

ビジネスで季節の節目に送りたい寒中見舞いの心得

投稿日:

ビジネスでのハガキや手紙の活用

ビジネスの現場では電話やメールが主要ツールとして利用されていますが、年賀状や暑中見舞い、転勤や異動の挨拶などの節目にはハガキや手紙などを出すのが礼儀でありマナーということができます。

また、しばらくお会いしていない方との関係性を維持することや、見込み客などに心理的な圧迫を与えずに連絡を取るうえで、季節の節目の挨拶は重要なコミュニケーションツールとなります。

寒中見舞いで営業力アップを

例えば、生命保険や損害保険など継続的に契約が続いていく関係や、大型の商品を購入してもらった場合や、サービスを利用してもらった際のアフターフォローを兼ねて、再び契約や購入、利用をしてもらいたいときに気軽に取引相手や顧客との接触ツールとして季節の挨拶状は役立ちます。

年賀状に加えて寒中見舞いを送る、去年ご不幸があった方に年賀状の代わりに寒中見舞いを送り、ご自身が気にかけていることや、ご自身の存在をアピールすることができます。

寒中見舞いで気を付けたいこと

ビジネスで寒中見舞いを送る際に気を付けたいのは送るタイミングです。

寒中見舞いは松の内を明けてから立春を迎えるまでの時期に送るのが礼儀です。

そのため、いくら寒いからと年始の営業開始早々に送って1月5日に到着したとか、雪が降って寒い、厳寒の時期が続いていると2月の中旬や下旬に「寒中見舞い申し上げます。」のメッセージが届いたら興ざめです。

若い世代の方なら寒中見舞いの時期を知らない方もいるかもしれませんが、ご年配の方や礼儀をわきまえている方なら、かえって礼儀知らず、常識知らずと思われ、信頼まで失われかねません。

ちょっとしたミスだからと可愛く受け止めてくれる方や、若造と思ってくれる方もいるかもしれませんが、やはり送る時期には注意したいものです。

お世話になった取引先などの不幸を後から知った場合

お世話になった取引先の社長やそのご家族が亡くなった、お付き合いのあった顧客にご不幸があった場合、年賀状は遠慮するものですが、喪中ハガキをもらって初めて知ったというケースもあるかもしれません。

関係性によってはすぐにでもお香典をお持ちすることや、お線香をあげに行ければいいですが、亡くなられたのが去年の春など、だいぶ時間が空いてしまっている場合には香典や弔問のタイミングを逸してしまうものです。

そんなときには年賀状に代えた寒中見舞いとともに、アレンジメントフラワーやお線香などのお供物をお送りする方法もありますので、検討してみるといいでしょう。

-喪中見舞い, 喪中見舞いのマナー

執筆者:

関連記事

no image

喪主の悩みどころ「喪中見舞いのお返し」はすべき?

喪中見舞いに対するお返し 身内が亡くなった年には、12月に入ったら喪中はがきを送ることになります。 その喪中はがきを受け取り、「知らなかった」ということで喪中見舞いと共に、品物を送ってくださる方も中に …

no image

【喪中見舞い】故人との間柄に合わせた書き方・例文集

思いやりの気持ちで送るもの 喪中を知らせるハガキが届いた、または電話で喪中であることを知らされた際の返答として、近年広まりつつあるのが、“喪中見舞い”としてハガキや手紙を出す習慣です。 喪に服している …

いつまでもキレイなプリザーブドフラワーの仏花を喪中見舞いに送るのは失礼?

喪中はがきが届き、喪中見舞いを送られたことはございますか。その際に、なにを送ればよいのか分からない方もいらっしゃることと思います。 今回は、喪中見舞いの基本と、喪中見舞いの贈り物としておすすめのプリザ …

no image

喪中はがきに返事は必要?いつまでに?マナーは?詳しくご紹介

喪中はがきが届いた際、“手紙”という形で弔いの気持ちを伝える風習があります。それが近年より「遺族を慰めたい」という気持ちのもと、贈答品とともに返事をする(手紙を送る)風習が広まりつつあります。その返事 …

喪中見舞いの金額の相場は?相手の負担にならない贈り物を

昨今は身内だけで葬儀を済ませ、ご近所には一切知らせないという遺族も多くなっています。そのため、喪中であることを知らないというケースも増えてきました。年に一度、年賀状のやり取りで互いの近況を確かめ合う関 …

カテゴリー

最近のコメント