喪中見舞い 喪中見舞いのマナー

喪中見舞いにおすすめ!定番のお線香セット

投稿日:2020年9月22日 更新日:

喪中ハガキで亡くなったことを知る

近しい関係の方や頻繁に連絡を取り合っている方が亡くなった際にはお葬式の連絡が入るでしょう。一方、知り合いであっても最近は年に一度の年賀状のやり取りしかしていない場合や亡くなられたのが知り合いの方の親や義理の親、祖父母など、ご自身が直接は会ったことのない遠い位置の方だと、葬儀の連絡や亡くなったことの連絡はすぐには入らないでしょう。

その代わりとして年賀状を遠慮する旨の喪中ハガキで知ることがあります。

喪中ハガキで初めて亡くなったことを知った場合の対処法

葬儀などに参列したり、喪中ハガキを受け取る前に知って香典を贈ったり、弔問をしたりとなんらかの挨拶を済ませているのであれば、基本的には年賀状を遠慮するだけで問題ございません。

もっとも、それなりに関係がある方の死を知らずに喪中ハガキで知った場合や喪中ハガキを送ってきた方とプライベートや仕事上でそれなりのお付き合いがある場合、ご自身の親族が亡くなられたときにお香典などを頂いている場合には対処が求められます。

具体的にはハガキや手紙を出してお悔やみのメッセージを伝える、親しい間柄ならお電話をしてご遺族の様子を慮ることのほか、お香典を贈る、またはその代わりにお品物を贈るといったことが考えられるでしょう。

贈る時期としては喪中ハガキが送られてきたタイミングにもよります。

早い時期に送られてきたのであれば、なるべく早いタイミングで贈られるといいでしょう。

一方で、年末の差し迫った時期の場合は、年が明け、松の内が終わってから、贈られるといいかもしれません。

喪中見舞いの贈り物に定番のアイテムとは?

現金を贈ると何だか相手に負担をかけそうと思われる方もいるのではないでしょうか。

一般的にお香典をもらえばお香典返しの風習があり、先方からまた返礼品が届いてしまうかもしれません。

これに対して、品物ならそのまま受け取って終わりにすることもできるので、先方に負担がかからないよう、お品物を贈ってみるのも一つの方法です。

何を贈るのか迷われる方もいると思いますが、一般的に定番なのがお線香のセットです。

香りのいいお線香や、今どき人気の煙が少ないお線香をはじめ、美しい絵が描かれたロウソクとのセットなどもあります。

Gifleでは、白梅や桜、向日葵、ラベンダーなど様々なやさしい香りが広がるお線香もございます。

喪中見舞いを贈られる際には、Gifleの花の香りのするお線香や、仏花を象った美しいろうそくなどを選ばれてはいかがでしょうか。

 

-喪中見舞い, 喪中見舞いのマナー

執筆者:

関連記事

喪中の相手に年賀状を出してしまったら?その場合はどうすればいい?

喪中の方に年賀状を出すのはマナー違反なのか? 新年の挨拶である年賀状ですが、喪中の方には送らないのがマナーとされています。 しかし、相手が喪中であることを年賀状投函後に知ってしまった、年末に亡くなられ …

喪中はがきの歴史とマナーを再確認!

喪中はがきは特別なお知らせ 身内に不幸があり、年始の挨拶を辞退する旨の連絡をする書面が喪中はがきです。 身内に不幸があったということは、大切な家族を失ったということであり、それを知らせる書面は特別なお …

忌中と喪中の範囲・期間の違いとは?似て非なる忌中と喪中をしっかり理解しよう

何となく分かったつもりになっていないか注意が必要 忌中と喪中、どちらも不幸があった際によく耳にする言葉ですが、正確な違いを理解している人は少ないのではないでしょうか。 何となく分かったつもりになって使 …

喪中見舞いの金額の相場は?相手の負担にならない贈り物を

昨今は身内だけで葬儀を済ませ、ご近所には一切知らせないという遺族も多くなっています。そのため、喪中であることを知らないというケースも増えてきました。年に一度、年賀状のやり取りで互いの近況を確かめ合う関 …

【喪中の人への年末年始ご挨拶のマナー】お歳暮、年賀状、寒中見舞いの常識は?

年末のご挨拶はどうする? ご家族が亡くなられた年の翌年を迎える新年は喪中として、お正月などのお祝い事をしないのが一般的な日本の風習です。 もっとも、お祝い事はNGですが、1年お世話になりましたという意 …

カテゴリー

最近の投稿