喪中見舞い 喪中見舞いのマナー

喪中見舞いの金額の相場は?相手の負担にならない贈り物を

投稿日:

昨今は身内だけで葬儀を済ませ、ご近所には一切知らせないという遺族も多くなっています。そのため、喪中であることを知らないというケースも増えてきました。年に一度、年賀状のやり取りで互いの近況を確かめ合う関係の人は特に、遠くに住んでいるケースも多いでしょう。訃報をすぐに聞かなければ、年末になって届いた喪中はがきによって亡くなったことを知ります。

そうして実際に喪中はがきを受け取り、悩む方が多いのが…
「どの程度の金額の喪中見舞いを送れば良いのか」
今回はそんな喪中見舞いの金額の相場についてご紹介します。

喪中見舞いの金額相場

結論からお話すると、喪中見舞いの金額の相場は2,000円~5,000円です。品物としては、故人を弔うという気持ちを表す意味から、お線香やろうそくといった品がよく選ばれます。

ただこの金額は生前のお付き合いの程度によって上下するもの(すべきもの)ですので、それを考慮して品物を用意するのが良いでしょう。

高額すぎると…

あまりに高額だと、受け取った側に「申し訳ない」という気持ちの上での負担をかけてしまいます。また、お供え物にと思っても、食べ物などを選ぶと残された家族が頂くことになるため「お返しをしなければ」という気にさせてしまいます。

よって、あくまでも故人の逝去を悼むという気持ちを表すには、お線香やろうそくがベターです。故人に対する贈り物であれば、喪中見舞いのメッセージと共に届いた品が、故人の冥福を祈るために使うお線香やろうそくであれば、遺族も毎日のお弔いに使わせて頂こうと、気持ちの面での負担は軽くなります。

高価すぎない方が良い理由

頂いた喪中見舞いに対しては、またお礼の品を返すのではなく、御礼状を出すことによって感謝の気持ちを伝え、やり取りを終了するのが一般的です。
頂いた喪中見舞いにお返しはするもの?詳細はこちら

そのため、あまり高価すぎる物を送ることはやめておき、相場の金額の範囲内で決めるのが良いでしょう。お線香は比較的高価な品ですが、故人を弔うことが主な用途ですので、すんなりと受け取ってもらえる品だといえます。

そのような品を選ぶことで、相手の負担にならない贈り物を選ぶことができるでしょう。喪中見舞いの品を送る場合は、そのあたりのことも配慮する必要があります。

-喪中見舞い, 喪中見舞いのマナー
-, , ,

執筆者:

関連記事

喪中はがきの歴史とマナーを再確認!

喪中はがきは特別なお知らせ 身内に不幸があり、年始の挨拶を辞退する旨の連絡をする書面が喪中はがきです。 身内に不幸があったということは、大切な家族を失ったということであり、それを知らせる書面は特別なお …

忌中と喪中の範囲・期間の違いとは?似て非なる忌中と喪中をしっかり理解しよう

何となく分かったつもりになっていないか注意が必要 忌中と喪中、どちらも不幸があった際によく耳にする言葉ですが、正確な違いを理解している人は少ないのではないでしょうか。 何となく分かったつもりになって使 …

no image

【喪中見舞い】故人との間柄に合わせた書き方・例文集

思いやりの気持ちで送るもの 喪中を知らせるハガキが届いた、または電話で喪中であることを知らされた際の返答として、近年広まりつつあるのが、“喪中見舞い”としてハガキや手紙を出す習慣です。合わせてお供えの …

no image

喪中はがきに返事は必要?いつまでに?マナーは?詳しくご紹介

喪中はがきが届いた際、“手紙”という形で弔いの気持ちを伝える風習があります。それが近年より「遺族を慰めたい」という気持ちのもと、贈答品とともに返事をする(手紙を送る)風習が広まりつつあります。その返事 …

喪中の相手に年賀状を出してしまったら?その場合はどうすればいい?

喪中の方に年賀状を出すのはマナー違反なのか? 新年の挨拶である年賀状ですが、喪中の方には送らないのがマナーとされています。 しかし、相手が喪中であることを年賀状投函後に知ってしまった、年末に亡くなられ …

カテゴリー

最近の投稿