喪中見舞い

忌中と喪中の範囲・期間の違いとは?似て非なる忌中と喪中をしっかり理解しよう

投稿日:

何となく分かったつもりになっていないか注意が必要

忌中と喪中、どちらも不幸があった際によく耳にする言葉ですが、正確な違いを理解している人は少ないのではないでしょうか。

何となく分かったつもりになって使っていると、間違いを指摘されて恥をかくことになるかもしれません。

特に近親者を亡くしたという人は、しっかりと理解しておく必要があります。

まず理解しておくべきことは、忌中と喪中のどちらも、身内の死に際して身を慎む期間ということです。

これだけを見れば、「なんだ同じことだったのか」とホッと一安心といったところで、この期間はお祝い事をしないとか、できるだけ派手な行動は慎むといった点も共通しています。

最大の違いは期間

忌中と喪中の過ごし方は、基本的には同じですが、違いは期間です。

忌中は四十九日、喪中は1年間となります。

そのため、お香典などを頂いた方へお香典返しをするのは、一般的に忌中である四十九日を迎えた日ということになります。

お返しの品には「忌明志」という熨斗をかけますが、いわゆる忌中だった期間が終わったということで、忌明けを迎えましたといった具合に報告をします。

一方の喪中は1年間ですので、喪中の間に結婚を予定していた人なら、結婚式を行うのを伸ばすなどします。

喪が明ける1年間という期間は、どの宗教でもたいてい同じですが、忌中が明ける期間は宗教によって異なります。

一般的に四十九日と言われるのは仏教においてであり、神式では50日、キリスト教では1か月後か50日後かのどちらかになります。

お香典やお花をお供えし、喪主からお返しが届くであろうと思われる人は、どのような宗教及び宗派だったかを確認しておくと、忌明けがいつになるかということも分かるでしょう。

なぜ期間に違いがあるのか

忌中と喪中とで期間に違いがあるのは、忌中の間は死の穢れが身内にあると考えられており、それを他人に移さないために身を慎むという理由からです。

忌明けを迎えるとともに故人は成仏しますので、死の穢れも消え、忌明けとなるわけです。

対する喪中が1年間と長い理由は、故人を偲び、慎ましい生活を送るために必要とされる期間だからです。

家族や大切な人を失った場合には、1年間は楽しい行事やお祝い事は避け、事あるごとに亡くなった人のことを思い出してあげることが、喪に服すということの意味であるという考えからきています。

大事な家族を失ったということは、1年が過ぎて喪が明けたとしても、素早く気持ちを切り替えられるわけではありませんが、残された者として一つの節目ととらえ、新しい生活を始めていく理由にはなるでしょう。

 

忌中や喪中に、お仏壇にお供えするお花をすぐに枯れないブリザーブドフラワーにしてみてはいかがですか。Gifleでは、コンパクトなお仏壇にも置ける小さなサイズのプリザーブドフラワーを取り扱っています。

また、喪中見舞いを贈られる方は、お線香やろうそく、ブリザーブドフラワーのお供え花をGifleで選び、送られてみてはいかがでしょうか。

-喪中見舞い

執筆者:

関連記事

喪中見舞いにおすすめ!定番のお線香セット

喪中ハガキで亡くなったことを知る 近しい関係の方や頻繁に連絡を取り合っている方が亡くなった際にはお葬式の連絡が入るでしょう。一方、知り合いであっても最近は年に一度の年賀状のやり取りしかしていない場合や …

【ご進物に】プリザーブドフラワーや和菓子のギフトセットがおすすめの理由

喪中のはがきが届いたら 昨今、家族葬が増えて亡くなられたことを喪中のはがきで知るということが多くなりました。 すでに亡くなられてかなり経っていることがはがきの日付から分かったのであれば、お供えの品物を …

喪中と喜ばしい報告が重なった時、報告はがきはどうすれば良い?

素朴な疑問 出産や結婚などおめでたいことの報告をしようと準備していたところ、身内に不幸があった場合はどうしたら良いのでしょうか。 喪中でも出産や結婚の報告の手紙を出しても構わないのか、それとも控えた方 …

喪中はがきの歴史とマナーを再確認!

喪中はがきは特別なお知らせ 身内に不幸があり、年始の挨拶を辞退する旨の連絡をする書面が喪中はがきです。 身内に不幸があったということは、大切な家族を失ったということであり、それを知らせる書面は特別なお …

いつまでもキレイなプリザーブドフラワーの仏花を喪中見舞いに送るのは失礼?

喪中はがきが届き、喪中見舞いを送られたことはございますか。その際に、なにを送ればよいのか分からない方もいらっしゃることと思います。 今回は、喪中見舞いの基本と、喪中見舞いの贈り物としておすすめのプリザ …

カテゴリー

最近の投稿