喪中見舞い 喪中見舞いのお花

喪中見舞いは相手の負担にならない贈り物を

投稿日:2022年11月5日 更新日:

喪中はがきで亡くなられたことを知ったときには

近年は身内だけで家族葬を営むご家庭が増えており、訃報が広く知らされないケースや新聞のお悔やみ欄などを日々チェックしていても情報が公開されないケースが少なくありません。

お香典やお供え品を遠慮されるご家庭も増えており、亡くなったことを知るタイミングが年末に届く喪中はがきというケースも多いことでしょう。

では、喪中はがきを受け取った場合どうすればいいのでしょうか。

既にご挨拶を済まされている方や葬儀への参列や弔問を済ませているのであればよいですが、初めて訃報に触れた場合には対応も悩みます。

遠い関係であれば、寒中見舞いでご遺族に弔いのメッセージを伝える程度でも良いでしょう。

しかし、親しい間柄にあるときや、何か気持ちを伝えたいというのであれば、はがきやお電話で弔意を述べるほか、贈り物をするという方法もあります。

お返しは気遣いしなくて済む程度のものがおすすめ

親しい間柄にあったりすると遅れてのお香典として、現金書留で現金を贈る方も少なくありません。

確かに1つの方法ですが、そこまで親しくないケースや自分の身内には香典を受け取っていないケースなどにおいて、香典は躊躇するケースもあるでしょう。

また、亡くなられてからだいぶ月日が経っている場合、お香典を送られると、返礼品などの手配でご遺族に手間をかけてしまうおそれもあります。

ご遺族がお返しなどをあまり気にせず、弔意を気持ちよく受け取れる程度の贈り物が良いでしょう。

喪中見舞いにはどのようなものがいい?

お仏壇に飾ったり、お供えができたりするものはご遺族としても受け取りやすく、しっくりきます。

特に亡くなられた方とは親しかったものの、ご遺族との交流がなく、ご遺族の家族構成や嗜好などを知らない場合、何を贈っていいか迷うことでしょう。

こうした場合でもお仏壇へのお供えものであれば、ご遺族の家族構成やライフスタイル、嗜好なども気にせず贈ることができます。

もし、宗派が分からず気になる際にはお花がベストです。お花であれば、宗派を問わず弔いに利用するのが一般的です。

生花をいきなり送られても不在で受け取れずに困るケースもあるので、日持ちのするプリザーブドフラワーのアレンジメントなどが良いでしょう。

また、仏教系のご家庭というのが分かっているなら、香りのいいお線香ギフトや、美しいデザインのロウソクとお線香のセット、お線香とプリザーブドフラワーのセットなどもおすすめです。

  

-喪中見舞い, 喪中見舞いのお花

執筆者:

関連記事

【喪中の人への年末年始ご挨拶のマナー】お歳暮、年賀状、寒中見舞いの常識は?

年末のご挨拶はどうする? ご家族が亡くなられた年の翌年を迎える新年は喪中として、お正月などのお祝い事をしないのが一般的な日本の風習です。 もっとも、お祝い事はNGですが、1年お世話になりましたという意 …

忙しい暮らしに喜ばれる供花にプリザーブドフラワーの贈り物

仏前のお供えに定番のお花 知り合いなどが亡くなられた際に弔問や、後日のお盆やお彼岸などの機会や親しい方の命日などにご自宅を訪れる機会。また、お悔やみの気持ちを添えて贈り物をされる場合に選ばれるのがお花 …

喪中と喜ばしい報告が重なった時、報告はがきはどうすれば良い?

素朴な疑問 出産や結婚などおめでたいことの報告をしようと準備していたところ、身内に不幸があった場合はどうしたら良いのでしょうか。 喪中でも出産や結婚の報告の手紙を出しても構わないのか、それとも控えた方 …

喪中の相手に年賀状を出してしまったら?その場合はどうすればいい?

喪中の方に年賀状を出すのはマナー違反なのか? 新年の挨拶である年賀状ですが、喪中の方には送らないのがマナーとされています。 しかし、相手が喪中であることを年賀状投函後に知ってしまった、年末に亡くなられ …

no image

喪主の悩みどころ「喪中見舞いのお返し」はすべき?

喪中見舞いに対するお返し 身内が亡くなった年には、12月に入ったら喪中はがきを送ることになります。 その喪中はがきを受け取り、「知らなかった」ということで喪中見舞いと共に、品物を送ってくださる方も中に …

カテゴリー

最近の投稿