春の訪れを待つ3月に入ってからの時候の挨拶

2018/04/20   -未分類

本格的に暖かくなる時期が待ち遠しい時期の挨拶 新年には年賀状、松の内を過ぎ2月4日の立春までは寒中見舞い、立春を過ぎ寒い2月中なら余寒見舞いと季節の挨拶を送るには時候に合わせたメッセージを送るのが風習 …

大切なご家族の命日はどのように過ごすべきか

月命日や祥月命日の過ごし方 仏教の世界では、ある方が亡くなったのと同じ日を命日、亡くなったのと同じ月日を祥月命日と呼んでいます。 たとえば3月15日に亡くなった場合、命日は15日で、毎月15日を月命日 …

命日や月命日にお供え物を贈りたい時や持参したい時のマナー

【命日】や【月命日】にお参りをするときはお供えを持参されると思いますが、特になにをお供えするかなど 決まりはありませんが、日持ちのするお供えものや、菓子や果物が一般的ですが、故人様の好きだったものを持 …

命日と月命日の違いと法要を行うスケジュールや意義

【命日】と大きく括って話しをする場合が多く、【命日】と聞いて、想像するのは故人様が亡くなられた月なのか、日なのかと混乱してしまう方も少なくないように思います。 わかっているようで、曖昧にしている【命日 …

【寒中見舞い】状況に合わせた書き方・例文集

寒い時期に出すご挨拶 夏に出す暑中見舞いは「暑い夏をどのようにお過ごしですか?」と尋ねる書状ですが、それに対して寒中見舞いは“冬の挨拶状”以外にも意味をもっています。それゆえに文面が少々難しくなります …

寒中見舞いに関する「いろは」~送る時期や本来の目的~

そもそも寒中見舞いとは? 寒中見舞いは寒さが厳しい「寒中」の挨拶状です。寒く体調を崩しやすい季節、相手の健康を気遣うとともにこちらの近況を伝えます。 様々なシチュエーションで送ることができる 寒中見舞 …

no image

【喪中見舞い】故人との間柄に合わせた書き方・例文集

思いやりの気持ちで送るもの 喪中を知らせるハガキが届いた、または電話で喪中であることを知らされた際の返答として、近年広まりつつあるのが、“喪中見舞い”としてハガキや手紙を出す習慣です。 喪に服している …

喪中見舞いの金額の相場は?相手の負担にならない贈り物を

昨今は身内だけで葬儀を済ませ、ご近所には一切知らせないという遺族も多くなっています。そのため、喪中であることを知らないというケースも増えてきました。年に一度、年賀状のやり取りで互いの近況を確かめ合う関 …

no image

喪主の悩みどころ「喪中見舞いのお返し」はすべき?

喪中見舞いに対するお返し 身内が亡くなった年には、12月に入ったら喪中はがきを送ることになります。 その喪中はがきを受け取り、「知らなかった」ということで喪中見舞いと共に、品物を送ってくださる方も中に …

no image

喪中はがきに返事は必要?いつまでに?マナーは?詳しくご紹介

喪中はがきが届いた際、“手紙”という形で弔いの気持ちを伝える風習があります。それが近年より「遺族を慰めたい」という気持ちのもと、贈答品とともに返事をする(手紙を送る)風習が広まりつつあります。その返事 …

カテゴリー

最近のコメント