忙しい暮らしに喜ばれる供花にプリザーブドフラワーの贈り物

仏前のお供えに定番のお花 知り合いなどが亡くなられた際に弔問や、後日のお盆やお彼岸などの機会や親しい方の命日などにご自宅を訪れる機会。また、お悔やみの気持ちを添えて贈り物をされる場合に選ばれるのがお花 …

四季を感じる季節の挨拶状で大切な方との交流を

2018/06/04   -寒中見舞い

新年の挨拶を年賀状から 日本は四季があるため、季節の変化に合わせて季節を楽しむ挨拶や、暑さや寒さ、季節の移り変わりによる天候や気温の変化に応じて体調を気遣う挨拶状を送る風習があります。 年間を通じて様 …

恩賜の訃報に接したときあなたならどうする?

2018/05/29   -周忌法要のマナー

恩師の訃報に接しての対応 小中学校や高校、大学時代にお世話になった印象深い恩師や、卒業してからも交流があった恩師が亡くなった場合、どのように対応すればいいでしょうか。 卒業後の交流の仕方や程度によって …

寒中見舞いの概要と送って喜ばれるもの

寒中見舞いとは 寒中見舞いは厳寒の時期に友人や親族、知り合いの方やそのご家族を気遣い、健やかに過ごされることを祈る場合や、暖かくなる春を心待ちにするといった願いを込めて出す挨拶状です。 寒中見舞いを送 …

いまさら人には聞くのは恥ずかしい「お彼岸」とはいつのこと?

2018/05/22   -お彼岸

年に2回あるお彼岸 お彼岸はお盆と並んで先祖の供養をする時期にあたり、お盆が夏の13日から16日の4日間を基本にするのに対して、お彼岸は春と秋の年2回おとずれます。 春分の日、秋分の日というのを聞いた …

寒中見舞いや暑中見舞いは送るタイミングに気を付けよう

2018/05/17   -寒中見舞い

寒中見舞いと送るタイミングの関係 新年の挨拶として年賀状を送りますが、年賀状を送りそびれてしまったり、返信が遅れてしまったり、喪中で年賀状を遠慮した際に利用されるのが寒中見舞いです。 寒中見舞いは送る …

寒中見舞いを送る時期や送り方

寒中見舞いっていつ送るの? 寒中見舞いはお正月の松の内が明けた1月8日頃から、春の訪れを告げる立春の2月4日頃までの間に送る挨拶状です。 松の内がいつ明けるかは地域によって異なりますが、新しい年が始ま …

ビジネスで季節の節目に送りたい寒中見舞いの心得

ビジネスでのハガキや手紙の活用 ビジネスの現場では電話やメールが主要ツールとして利用されていますが、年賀状や暑中見舞い、転勤や異動の挨拶などの節目にはハガキや手紙などを出すのが礼儀でありマナーというこ …

春の訪れを待つ3月に入ってからの時候の挨拶

2018/04/20   -未分類

本格的に暖かくなる時期が待ち遠しい時期の挨拶 新年には年賀状、松の内を過ぎ2月4日の立春までは寒中見舞い、立春を過ぎ寒い2月中なら余寒見舞いと季節の挨拶を送るには時候に合わせたメッセージを送るのが風習 …

大切なご家族の命日はどのように過ごすべきか

月命日や祥月命日の過ごし方 仏教の世界では、ある方が亡くなったのと同じ日を命日、亡くなったのと同じ月日を祥月命日と呼んでいます。 たとえば3月15日に亡くなった場合、命日は15日で、毎月15日を月命日 …

カテゴリー

最近のコメント